JR小岩駅前で「●田バカ作」と唄いながら徘徊する謎のおじさんがいる件

先日、ふとした用事でJR総武線の小岩駅を訪れた。

東京都 小岩

この街は、東京の最も東側に位置する繁華街で江戸川区に所属しているが、東京都と千葉県の境目にあって、近年は取り締まりが厳しくなった都内の他の繁華街や千葉県側の船橋や市川あたりから逃れてきた業者が入り乱れ悪質なスカウトも横行していてミニ歌舞伎町と呼ばれるまでに恐ろしく風紀の悪い街になっているらしい。確かに駅前の地蔵通りや小岩中央通りなんかに糞怪しい風俗店やフィリピンパブ、韓国料理屋やタイマッサージ屋やらが密集していて、多国籍で尋常ならぬ気配がある。

東京都 小岩

そんな怪しい街もさることながら、我々が帰路に着くべくJR小岩駅北口まで戻ってきた時に、ふと耳元で軍歌調メロディの謎の歌声が聞こえてきたのだ。

「♪い●~だ~バカ~さ~くバカ~で~ある~」

????

「♪い●~だ~バカ~さ~くバカバカし~くだらない~」

!!!!

東京都 小岩

思わず歌声の元が気になって振り向くと、そこには黒ずくめの服装に黒のニット帽、背中にはリュック、両手にレジ袋をぶら下げながら歩く男性の姿があった。しばらくその歌人の動きを注視していたのだが、小岩駅北口と目の前のイトーヨーカドーの間にある横断歩道をひたすら行ったり来たりしながら、ずっと某三色旗宗教団体の某名誉会長を中傷する歌詞の自作ソングを歌い続けているのだ。

彼はその後、小一時間ほど同じ場所をグルグルグルグル回りながら、道行く人々に聞こえよがしに歌っていた。

この歌人の存在があまりに気になって調べたのだが、ツイッターや某掲示板などには既に2012年11月から目撃情報があり、「朝から深夜までいる」「某宗教団体への嫌がらせか」「いや糖質だろ」「歌いながら近づかれると怖い」「ストーキングされた」などといった書き込みも見られ、小岩住民にとってはかなり有名な名物おじさんになっているらしい。

かれこれ2年近くも、何があって彼をこのような行動に駆り立てるのだろう…

そんなキ印フラグ立ちまくりな東京の外れの下町・小岩ですが、江戸川区の総武線沿線では最もお家賃も安く、ディスカウントストアが盛りだくさんで貧乏な方にはさぞかし暮らしやすい街となっておりますので、お金を浮かせて東京暮らしをしたければもってこいです。治安も悪く女性の夜道の独り歩きはどうかと思われますので、いかがでしょう。

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人、執筆、取材諸々の活動を行う。サイト開設以来、完全に個人の趣味でしかやってません。 関連サイト→ 新日本DEEP案内 ツイッター @deepannai
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク

記事を他の人に教える

スポンサーリンク