【日本のガラパゴス】名古屋が「魅力に欠ける街」なのは本当なのか(名古屋の文化・メディア編)

先日テレビ朝日の報道番組でこのような内容が放送されていた。

名古屋が「魅力に欠ける街」1位 市民にショック… 

何を今更…と言わんばかりの話題であるが、全国的に見てやはり名古屋という街はよそからわざわざ観光に行く気になる場所として選択肢に上がりづらいというのは確かだ。しかしほんの10年前までは愛知万博が開催されて、高速道路がメキメキと建設されまくったり名古屋駅前に超高層ビルがニョキニョキ出来たりと束の間の好景気に当時の政財界は「名古屋の時代がやってきた」と割と本気な論調で語っていたはずですが、リーマンショック以降てんでダメになりましたね。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人、執筆、取材諸々の活動を行う。サイト開設以来、完全に個人の趣味でしかやってません。 関連サイト→ 新日本DEEP案内 ツイッター @deepannai
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク

記事を他の人に教える

スポンサーリンク