過激派「イスラム国」参加志願者が杉並区阿佐ヶ谷に潜伏?!アジトの様子を見てきました

「イスラム国」参加企てか 北大生「戦闘員として」  :日本経済新聞 

イラク・シリアで勢力を拡げ、「処刑動画」をネットにUPするなどの残虐行為で度々報道される過激派「イスラム国(ISIS)」の動静に世界中が注視している中、この日本においても数人の日本人が「イスラム国」に参加を計画している事が報じられて間もない10月6日に、実際にイスラム国への参加を目的としてシリアに渡航する直前だったという北海道大学生(休学中)で26歳の男が「私戦予備・陰謀容疑」という聞き慣れない罪名で事情聴取を受けているという報道がされた。

「北大生」と聞いていたので一見東京には関係のない話かと思いきや、報道ではその26歳男は都内に寝泊まりしていて、さらに「東京都杉並区内の関係先のアパートが家宅捜索された」という。「なぜ北大生が東京、しかも杉並区に?」という斜め上の展開。実はその男というのはネット上でも有名らしい「ほわせぷ」と呼ばれている人物で、報道直後からネット住民にTwitterのアカウントを晒されたりしている。

さらにテレビニュースの映像で「杉並区内のアパート」が映されると、一部Twitter民からは「阿佐ヶ谷アジトだ」との反応があり、この阿佐ヶ谷アジトという固有名詞でググるとJR中央線阿佐ヶ谷駅近くのとある住宅地の住所が判明する。

「また杉並か!」
「また極左か!」
「またプロ市民か!」

気になったので、阿佐ヶ谷アジトとやらにちょっと行ってみました。

杉並区 阿佐ヶ谷

阿佐ヶ谷駅から本当に近い場所に、一軒家で平屋建ての「アジト」があった。既にアジトの前には報道各社が集結しまくってました。

この阿佐ヶ谷アジトと呼ばれる建物、「革命的非モテ同盟」という団体の本拠地で、毎年渋谷あたりでバレンタイン・ホワイトデー・クリスマス粉砕デモを企画したりしている人達みたいなんですが、このアジトもといシェアハウスでは男性ばかり複数人が共同生活をしていたようで、そのうちの1人が今回の件で警察に事情聴取されている。

既に報道陣が張っていて物々しい現場だが、テレビ報道だけを真に受けて来ると、サヨサヨしいながらもこんな杉並区の平和な街に過激派イスラム国の分子が…とピリピリしそうにもなるし、本当はもっとヤバイ極左団体が絡んでるのかと想像していたのに実はこれが「非モテ同盟のアジト」だという時点で脱力必至である。

なぜ北海道大学の学生が休学して、よりにもよってプロ市民の聖地杉並に流れ着いたのか、そのコネクションの成り立ちも含めて興味をそそられる。そりゃ杉並区の中央線沿線がサブカルインテリ運動家くずれの溜まり場となりやすい素地があるのは充分知っているんですが…

ちなみに運動団体である「革命的非モテ同盟」の創設者である古澤克大氏(引退)が未だに学生運動がお熱く中核派の活動拠点でも有名な法政大学の出身、さらに杉並区には同じ法政大学出身の松本哉氏が主催する貧乏人集団でリサイクルショップの「素人の乱」があり、どちらも貧乏臭いネタ全開のデモを開催する事で一部ではよく知られている。阿佐ヶ谷アジトの近くにも素人の乱関係者が経営するリサイクルショップもあって、地理的にも関係的にもやたら近い。

現在晒し者になっている26歳男のTwitterアカウントを見たのだが、TLを遡って発言を見ている限りは極左でも何でもないのは明らかで、思想信条の動機であるというより単にメンがヘラっているだけで殆ど病気状態としかお見受けできないので、ネタなのか本気なのか知らんが確かにシリアに渡ろうとしていたみたいだけど、ひと通りの事情を知ったネット住民の視線は冷ややかなようです。

一人のメンヘラの暴走の為に公安が本気で動くというのも、もしかすると公安側に何か裏が取れているのではないかと推測できるし、そもそも事情聴取を受けているのはこの男だけではない。続報を待つ事にしよう。


The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人、執筆、取材諸々の活動を行う。サイト開設以来、完全に個人の趣味でしかやってません。 関連サイト→ 新日本DEEP案内 ツイッター @deepannai
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク

記事を他の人に教える

スポンサーリンク